LUCIDO-L

Hair Design Libraryヘアデザインライブラリー

飾らず、自然体でいたいから。ざくっと束感でくずしたカジュアル髪が心地いい 飾らず、自然体でいたいから。ざくっと束感でくずしたカジュアル髪が心地いい

飾らず、自然体でいたいから。
ざくっと束感でくずした
カジュアル髪が心地いい

鎖骨レングスのミディアムレイヤーは、飾らない雰囲気が魅力です。甘さを抑えたほどよくラフな動きが、自由な気分を開放して自分らしさを満喫できそう。ただしナチュラルなスタイルなので平凡にならないよう、毛流れや束感をしっかりつけて、めりはりの効いたヘアデザインに仕上げたい。思い通りにクセづけできる#ナチュラルメイクワックスを使って、鎖骨で揺れる毛先や、流れるニュアンスを引き出して。

Before

Before

髪質は硬めで量も多め。少しふくらむクセがあります。同じミディアムレイヤーでも動きがないと、固まった感じで重たく見えます。

Item

#ナチュラルメイクワックス(クリームタイプ)
ヘアワックス
#ナチュラルメイクワックス
(クリームタイプ)

髪に自然なツヤを与え、なめらかな毛流れを演出するクリームタイプ。ほどよいクセづけ力で、ナチュラルな束感を演出します。幅広いスタイルに使えて便利 。

Salon Advice

GARDEN Tokyo 西山真由美さん
GARDEN Tokyo 西山真由美さん

同じカットベースでも、ワックスで束感をつくるだけで、動きのあるおしゃれヘアが楽しめます。髪をつまんで束にするだけなのでぜひ練習してみて。あまり強くシャープな束だと不自然になるので、そっとつまんでやわらかく仕上げることが大切です。

Process

Process 1
Process 1

まずハンドブローしながら、トップ全体を乾かしていきます。手ぐしを内側から入れて、前へとかすように。指で溝をつけながらとかすことで、自然な束感が出ます。

Process 2
Process 2

えり足は、毛束を内側へしっかりと強めにねじり、ドライヤーの熱を加えます。これで束感を出すと同時に、毛先にやわらかなニュアンスもアップ。反対サイドとバックのえり足も同様に。

Process 3
Process 3

顔まわりには毛流れをつけるため、アイロンで巻きます。その前に、#エアリーカールローションを塗布。2〜3プッシュ吹きつけてから、手ぐしでなじませて。
※使用している商品は旧商品です。

Process 4
Process 4

極太のアイロンを使って顔まわりをリバース(外巻き)に巻きます。毛束の中間部をはさんでひっくり返すようにして、毛先を後ろへ流します。反対側も同様に。

Process 5
Process 5

最後に#ナチュラルメイクワックスを使って仕上げを。まずえり足から塗布します。ここでも指でとかしながら溝(束感)をつけつつ、首になでつけるようにして外ハネにひっくり返します。

Process 6
Process 6

指先に残ったワックスを使って顔まわりもクセづけ。4で巻いた毛流れにそって、指でつまみながら後ろへ流し、束感を出します。反対側も同様に。

  • 選べる!つくれる!軽キメWAX